バナナダイエットでキレイに痩せたい!

バナナダイエットという言葉は、一度は聞いたことがある人が多いと思いますが、本当に効果があるのでしょうか?

 

朝だけガンバってバナナを食べて、本当にキレイに痩せるのなら…ぜひ挑戦してみたいですよね。

 

このサイトでは、バナナを使ったダイエットが効果的な理由や、どのようにバナナをダイエットに採り入れたらよいのか、その具体的な方法やレシピ、バナナダイエットを行うときの注意点などについてまとめてみました。

 

 

バナナダイエットは効果があるの?

バナナダイエット

 

バナナダイエットは、手軽ということもあり大人気ですね。でも、1度試してみたものの効果なし、痩せないなどなかなか成功できないとの口コミも多いです。

 

だけど大丈夫です。成功例をもとに正しい方法で行えば、とっても簡単にキレイになれちゃいます。

 

朝・昼・夜いつ置き換える?

まず、一日の食事のうちどこをバナナに置き換えるのかについてです。カロリーを多く摂取しがちな夕ごはんや昼ごはんをつい置き換えたくなるかもしれません。

 

ここで最も有効的なのが朝バナナダイエットなのです。その理由は、バナナはすぐにエネルギーに変わる栄養成分の多い食材であるという点にあります。バナナ1本のカロリーは80〜100キロカロリーです。

 

バナナに含まれるブドウ糖がその後の運動時の脂肪燃焼効果や代謝アップを助けてくれるので、通勤通学前に食べると効果的にダイエットができるのです。

 

本当に効果のあった成功例

次は、バナナダイエットの成功例です。朝食を1本のバナナと常温の水もしくは豆乳に置き換えます。昼ごはんと夕ごはんはいつも通りの食事量でいいのですが、朝バナナを食べているからといってここで暴飲暴食をしては意味がありません。

 

どんなダイエットの成功ルールでも言えることですが、栄養バランスのとれた食事を第一に心がけるようにしましょう。

 

1日2食以上の置き換えは禁物

また、いくら早く痩せたいからといって1日2食以上の置き換えを行うのは禁物です。バナナに含まれるカリウムという成分は、体内の塩分の排出を助けてくれるのでむくみが気になる方には嬉しいものです。

 

しかし、1日に4本以上のバナナを食べると体内に必要以上のカリウムが蓄積されます。カリウムは適量なら体にいいですが、過剰摂取すると不整脈や高カリウム血症を引き起こす危険性もあるので1日1食がベストです。

 

バナナダイエットは効果が出るまで時間がかかる

バナナダイエットは効果が出はじめるまでに時間がかかることを覚えておきましょう。朝にバナナを食べることで正しい生活習慣を付け、便秘改善などを図るのがバナナダイエットです。

 

始めてすぐに体重が落ちる訳では無いことを理解し、毎日コツコツ続けていって体を健康にしながら体重を落としていきましょう。以上のポイントを意識すれば、とても手軽で簡単なダイエットです。

 

おいしくバナナダイエットできるレシピを一挙にご紹介!

腹持ちもよくカリウムも含まれ、便秘解消や美容、ダイエットにも最適な食品であるバナナ。バナナダイエットのメリットは何といっても、レシピの幅広さにあります。バナナはダイエット中でもおやつとして楽しむことができます。

 

バナナを冷凍保存した場合はこちら

 

バナナのスムージー

 

バナナとヨーグルト

バナナダイエットの基本的な内容は、ヨーグルト200グラムに対してバナナを1本から2本一緒に食べるだけです。

 

しかし、おいしくバナナダイエットできるレシピはこれだけではありません。さまざまなレシピで飽きずにバナナダイエットを行いましょう。

 

バナナのスムージー

糖質制限中の方にもおすすめの、美味しいバナナダイエットレシピ。まず1つ目は簡単にできるスムージーです。ダイエット中の置き換えメニューとしても、忙しい朝のメニューとしても大活躍してくれます。

 

ミキサーにバナナや好きな果物、野菜を入れ豆乳や牛乳などの水分を加え攪拌するだけで、あっという間に作れるのが魅力です。氷を加えて冷やしても美味しいバナナスムージーは、冷蔵庫にある材料で気軽に作れるのも利点です。

 

バナナとおから

おからを使ったおからバナナスティックバーは、砂糖やバターを使わなくても作ることが可能です。おからを加えることでさらに腹持ちもアップします。豊富な食物繊維は便秘解消にもおすすめです。

  1. バナナ1本約100グラムをフォークで潰し、色が変化しないようにレモン汁を小さじ1/2杯かけます。
  2. ボウルにおから100グラムと薄力粉100グラムを入れてよく混ぜ合わせ、さらにオリーブオイル大さじ1杯を加えて混ぜ、しっかりとなじませます。
  3. よく混ぜ合わせたら、先ほどの潰したバナナを加え混ぜます。
  4. 好みの刻んだナッツやドライフルーツを入れ、ナマコの形に成型し整えたら天板に押しつけるようにし、約1センチから1.5センチの高さになるまで伸ばし広げてください。
  5. 180度のオーブンで30分から40分焼き、そのまま天板にのせた状態で、冷えたあとスティック状にカットすれば完成です。

ホットバナナ

バナナは温めることで糖度が約20パーセントもアップするので、甘いもの好きな方にもぴったりです。作り方は、皮をむいたバナナを600ワットのレンジで30秒から40秒ほど温めるだけです。またはフライパンで焼き色がつくまで1分ほど焼きます。

 

温めて食べることでより熱が腸に伝わりやすくなりますので、腸の活性化に役立ちます。体の冷え対策にも有効に働いてくれます。温めてもバナナの栄養素が壊れるなどの影響もなく、むしろパワーアップするのが大きな特徴です。

 

黒酢バナナダイエット

黒酢バナナダイエットのやり方は、バナナを漬け込んだ黒酢を飲むだけです。黒酢にはアミノ酸やクエン酸が含まれていて体に良いですが、酸っぱすぎて飲みにくいという方もいらっしゃいます。でもバナナを漬け込めば糖分があるので飲みやすくなるのです。

 

黒酢バナナの作り方は、蓋付きのビンに輪切りバナナ、黒酢、黒糖を入れ、ふたをして漬け込むだけで簡単です。漬けたバナナはそのまま食べられます。できたバナナ酢は牛乳や水で薄めて飲むと良いでしょう。

 

バナナダイエットで痩せる理由は?

 

バナナダイエットを考える男の子

 

バナナの種類や熟し方の違いで、成分や栄養素やダイエット効果がこんなに違う!

巷でも話題のバナナダイエット、手軽で効果が高いと人気ですね。バナナダイエットで痩せる理由は、バナナのなかにたくさん隠されているのです。

 

バナナは熟し方によって成分が全く異なるので、自分に合わせたバナナを選ぶのがバナナダイエットの成功の秘訣です。

 

豊富なブランド

バナナにはたくさんのブランドがあります。中でも人気で高級なのが、甘熟王ゴールドプレミアム、スウィーティオ、しあわせバナナ、アポ山スーパー800です。

 

バナナの高級ブランドはこちら

 

便秘解消に青バナナ

まず、便秘を解消したい方におすすめなのが、熟しきっていない青バナナです。青バナナには、レジスタントスターチという成分が多く含まれています。これは消化されにくいでんぷん質で、食物繊維と同じように作用します。

 

もともとバナナは腸内環境を整える効果がある食べ物ですが、さらにレジスタントスターチが加わることで効果が高まります。また、青バナナは比較的噛みごたえがあるので満腹感が出やすく、ダイエットの強い味方になります。

 

胃腸の調子を整える黒バナナ

胃腸の調子を良くしながらダイエットをしたい方や、日頃ストレスが溜まる生活を送っている方には、完全に熟した黒バナナを使ったバナナダイエットがおすすめです。

 

完全に熟したバナナに現れる黒い斑点は、シュガースポットといいます。シュガースポットには、リン脂質という栄養素が含まれています。このリン脂質は、免疫力を高め胃の粘膜を酸から守ってくれるので、胃潰瘍の予防にもなります。また、栄養価がとても高いのも魅力です。

 

このように、一口にバナナといっても持っている効果は様々です。自分に合ったバナナでダイエットを成功させましょう。

 

バナナダイエットの注意点

バナナダイエット全般における注意点があります。

 

一つ目は、いくら効果を早く出したいからといって、1日2回以上の食事の置き換えを行わないことです。バナナは確かに栄養満点ですが、そこに含まれるカリウムの過剰摂取は危険です。肝臓に負担がかかるので、1日4本以上は食べないようにしましょう。

 

二つ目は、バナナで置き換えをしているからといって油断をしないことです。せっかく置き換えを行っていても、そのほかの2食で暴飲暴食をしてしまうと、バナナダイエットの効果は発揮できません。この二つには気をつけましょう。

 

バナナを持つ女性

 

最近人気の夜バナナダイエット

実は最近、夜バナナダイエットも効果があるということで人気が出始めています。夜バナナダイエットも朝バナナダイエットと同じく、夕食をバナナに置き換えるだけのダイエットなので簡単です。

 

オススメの方法は、夕食の代わりにバナナを1〜2本食べ、コップ1杯の常温の水や豆乳などを飲むことです。

 

夜バナナダイエットの効果としては、脂肪が蓄積されやすい夜にバナナだけを食べるため、カロリー摂取が抑えられて太りにくくなることや、バナナに含まれるカリウムとペクチンが効果的な働きをすることがあります。

 

カリウムは体内の塩分を排出する働きがあり、むくみを解消するので、夜の間に脂肪燃焼が活発になり効果アップします。夜バナナダイエットも急激な効果は期待できませんが健康的なダイエットなので、諦めず継続するのが大切です。

 

バナナダイエットのメリットとデメリットは?

バナナダイエットのメリット

バナナダイエットのメリットとして挙げられるのは、まず何といっても手軽だということです。朝食をバナナと常温の水に置き換えるだけでいいのです。バナナはできれば生のまま、よく噛んで食べることで満足感が得られます。

 

嬉しい効果もたくさんあります。バナナに含まれるカリウムには体内の塩分を排出する働きがあるので、むくみの解消にも効果的です。また、バナナダイエットは便秘改善やそれに伴う美肌効果も期待できます。

 

バナナダイエットのデメリット

そんな素敵なバナナダイエットですが、デメリットもあるのです。注意すべき点は3つあります。

  1. いくら早く痩せたいからといって1日2食以上の置き換えをしないことです。バナナはとても体にいい食材ですが、そこに含まれるシュウ酸には注意が必要です。1日に4本以上のバナナを食べると、シュウ酸が体内に溜まりすぎて尿路結石のリスクが高まります。
  2. 即効性があると勘違いしないことです。バナナダイエットは朝にバナナを食べる習慣をつけて生活習慣を正していくダイエットなので、始めてすぐに体重が減るわけではありません。諦めず地道に続けることが大切です。
  3. 置き換え食をしているからといって、その他の食事でドカ食いをしないようにしましょう。せっかく体に良いバナナを食べていても、その他の食事でカロリーや塩分を摂りすぎてしまえば台無しです。

ちなみにバナナのカロリーや栄養価が気になる人もいるかと思いますが、詳細についてはこちらをご覧ください。

 

バナナのカロリーと栄養価

 

どのダイエットにも言えることですが、バランスの良い食事を心がけましょう。以上を守れば、バナナダイエットの成功は間違いなしですよ。

 

バナナダイエットで足が痩せた女子

 

フルーツダイエットするなら…

りんご、グレープフルーツ、いちご、みかん、キウイ、それぞれの果物とダイエットへの効果

これまで非常に沢山のダイエット方法が流行ってきましたが、どの方法もブームになるだけでそれほど効果が無かったり、継続することが大変だったりと難点がありました。

 

そんな中で今流行っているフルーツダイエットという方法は、とても続けやすくて効果もきちんと感じられます。

 

フルーツダイエットの良いところは、水分量が多いので必要以上にカロリーを摂取することなくお腹を満たすことが出来るところです。また、果物にはダイエットにとても大切な食物繊維が豊富に含まれているため、便秘解消できる可能性もあります。

 

果物の種類によってもそれぞれ効果が違いますので、ダイエットを始める前に知っておくと良いでしょう。

 

フルーツの種類 フルーツダイエットの効果
りんご りんごは季節を問わず販売されているので、手に入りやすく値段もそれほど高くありません。酸味も強くなく変なクセがないため、食べやすくてヘルシーです。りんごの成分の一つでもあるリンゴポリフェノールは、脂肪の吸収を抑えてくれる効果があるので、ダイエットにはもってこいの果物といえるでしょう。
グレープフルーツ グレープフルーツにはビタミンCがとても沢山含まれているので肌にとても良く、体の疲れを取り除いてくれる働きもあります。そしてグレープフルーツにはUCPというタンパク質が含まれていますが、このUCPには溜まった脂肪を燃焼する効果があります。
いちご いちごは一粒のカロリーが約15キロカロリー程度で、摂取量を調整しやすくダイエットにお勧めです。血糖値が上がりにくいことも特徴で、糖尿病の人でも心配することなく食べることが可能です。
みかん みかんには腸内環境を整えてくれる働きがあるので、便秘で悩んでいる人にはピッタリです。また、体内に入ってくる糖質を燃焼してくれるクエン酸も含まれています。みかんはダイエットに欠かせない果物だといえます。
キウイ キウイは肉を食べた後に食べると、消化吸収の手助けをしてくれます。キウイ一つで一日のビタミンの7割は摂取することが出来るので、美肌効果もあるといわれます。

 

ジュースダイエットするなら

効果があるのは 野菜ジュース? トマトジュース?

バナナダイエットと違って、野菜ジュースやトマトジュースは飲むだけなのでお手軽です。ですが、ドリンクダイエットにもメリットとデメリットが。詳しくは、下記の姉妹サイトをご覧ください。

野菜ジュースの効果 カゴメ野菜生活や、伊藤園の充実野菜など、野菜ジュースでダイエットすると効果は…

http://www.veg-juice-mania.com/

トマトジュースダイエットなど、飲んでヘルシーに痩せる調査隊! カゴメトマトジュース、伊藤園理想のトマト、デルモンテトマトジュースなど、リコピンパワーを実感したいなら…

http://www.tomat-j-diet.info/

 

朝食メニューで痩せるのはどれ?

パン、和食、シリアル、納豆、野菜ジュース、何も食べない…。それぞれの特徴や効果

 

何も食べない場合は…?

いちばん痩せる朝食メニューは、何も食べないことです。しかしその分を昼食や夕食で摂ると、ダイエットどころか逆効果になります。朝食を食べないのであれば、総摂取カロリーの範囲内で、昼食:夕食を7:3にするのが良いでしょう。

 

ただしタンパク質は一度の食事で80グラム以上摂っても超過分は脂肪に変わる可能性があるので、総カロリー摂取量をさらに減らす必要があります。また問題点は、一日の活動エネルギーが摂取できないことです。朝食と昼食を多めに摂り夕食を食べないのがよいでしょう。

 

パンはどう?

パンはいわゆる粉食であり、小麦粉経由のタンパク質と炭水化物になります。栄養価は米に比べて落ちる上、腹持ちがしませんのであまりお勧めできません。

 

やっぱり和食?

その点、和食中心の食事は身体の負担となる成分が少なく、ダイエットには最適です。

 

納豆はおすすめ!

和食の場合であれば、是非納豆を添えましょう。マメ由来の植物繊維は不溶性食物繊維といい、便のかさを増やして大腸に刺激を与え排便を促します。ダイエットが必要な方には便秘体質の人も多いので、納豆はよいアイテムです。

 

シリアルって?

シリアルはどうでしょうか。一般的には牛乳と一緒に採ることで一食分のボリュームになります。この場合は糖分が少ないものを選びましょう。また食物繊維が多いもの、乾燥フルーツが入っているもの、そうした製品を選ぶようにします。

 

野菜ジュースは…

ビタミンやミネラルを摂取するために野菜ジュースを添えるのも一考です。野菜ジュース一本で朝食に変える人もいますが、一日のエネルギーをまかなうにはやや無理があります。むしろ食事だけでは十分に得られにくいビタミン・ミネラルの摂取源としてのサプリメントと考えるのが良いでしょう。

 

朝食メニューまとめ

 

和食の朝食

 

結論からすると、朝食メニューはきちんと食べることが前提になります。朝食抜きで昼食や夕食を控えめの量で済ませられれば良いですが、このような食事制限は通常長続きせずリバウンドの原因になるので候補からは外します。そして朝食では和食がいちばん良好です。